アンプティサッカーとは

Amputee(アンプティ)= 切断・切断者

アンプティサッカーとは

 アンプティサッカー(切断者サッカー)とは、主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレイするサッカーです。

 従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を使用せず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用しているクラッチで競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、もっとも気楽に楽しめるスポーツとして海外では急速に普及、認知度が高まっています。

ルール

基本的なルールは、通常のサッカーに準じるが、一部ルールを変更しています。

アンプティサッカールール

アンプティサッカールール(スマホ)

  • アンプティサッカーは、7人制競技です。
  • フィールドプレイヤー6名とゴールキーパーの計7名
  • フィールドプレイヤーは基本的には、下肢切断者、ゴールキーパーは上肢切断者が担当します。
  • 切断側の四肢を使用することは禁止。
  • フィールドプレイヤーは、移動のためにクラッチを使用するが、クラッチをボール操作に使用することは出来ません。(故意に触れた場合はハンドとなります)
  • ゴールキーパーは、ペナルティエリアから出ることが出来ません。
  • ゴールは、ジュニアサイズを使用します。
  • ボールがタッチラインを割った場合は、スローインではなくキックインでゲームを再開します。
  • フィールドプレイヤーは、転倒した状態でボールを蹴ることは出来ません。
  • オフサイドは適用しません。
  • 選手交代は何回でも可能です。
  • 国際大会での試合時間は、前後半25分の計50分間で行われ、その間に10分間のハーフタイムがあります。

使用器具

クラッチ

 フィールドプレイヤーは、2本のクラッチを使用してプレイします。これはアンプティサッカー専用の特別な器具ではなく、主にロフストランドクラッチと呼ばれる医療用補助器具(前腕部支持型杖)を使用します。

 選手たちにとって、クラッチは腕と同じ扱いです。プレイ中、クラッチで故意にボールに触れるとハンドになります。

 クラッチを軸足にして、振り子のように身体を揺らしてパスやシュートを行います。

このページのトップへ